沿革

千代田区ゴルフ協会の沿革をご紹介します

千代田区ゴルフ協会は平成9(1997)年、生涯スポーツとしてのゴルフの普及を図り、ゴルフ通じて、千代田区在住、在勤の方々の健康増進と親睦交流を目的に設立されました。

同年2月25日には千代田区立昌平童夢館多目的ホールで木村茂千代田区長・鈴木栄一区議会議長・内田茂都議会議員・西角清忠千代田区体育協会会長をはじめ、会員及び関係者123名が出席する設立総会を開催しました。当協会では設立当時より以下の活動を続けています。

干代田区民ゴルフ大会、会員ゴルフ大会の開催

平成12(2000)年からは当協会が主管し、幅広い区民の参加のもと若洲ゴルフリンクスで千代田区民ゴルフ大会を開催しています。同年3月28日の第1回大会から本年度で第19回となります。

レディス・シニアゴルフ大会の開催

平成10(1998)年からはレディスゴルフ大会を、平成15(2003)年からはレディス・シニアゴルフ大会を若洲ゴルリンクスで開催しています。この大会は当協会名誉会長、故福田彰氏の「生涯スポーツとしてのゴルフ」の普及と「初心者、レディス」が気軽にゴルフに参加できる主催大会を創設するとの遺志を受け、『福田メモリアルゴルフ大会』として毎年主催。本年度で第9回となります。

ゴルフ初心者講習会の開催

平成10(1998)年からは初心者、レディース、シニアへのゴルフの普及を目的として毎年ゴルフ初心者講習会を開催しており、本年度で21回となります。

他団体との交流競技会

設立当初は国民体育大会、都民体育大会、棄京都アマチュア選手権、東京都社会人ゴルフ選手権、東京都シニア・グランドシニアゴルフ選手権等の他団体の競技会にも代表選手を派遣しておりましたが、現在では(公財)東京都体育協会が主催している都民体育大会(区市町村対抗)ゴルフ競技会に参加しています。

Free HTML5 Templates by freehtml5.co

理事長 渡辺 正

President

ごあいさつ

当協会は、1997(平成9)年、生涯にわたって親しむことができる生涯スポーツとしてのアマチュアゴルフが国民体育大会の正式競技種目となることを受け、他地区に先駆けて設立されました。以来、歴代の理事・役員、会員の皆様の熱意溢れる活動によって区民ゴルフ大会をはじめとした事業の充実を図ってまいりました。2017(平成29)年10月20日には、多数のご来賓、会員にご参加いただき、ホテルニューオータニにおいて、設立20周年記念式典を開催いたしました。この間、当協会の活動に対しましてご支援、ご協力いただきました千代田区行政をはじめ、各関係団体の皆様には厚く御礼申し上げます。当協会は、今後とも設立の趣旨である「生涯スポーツとしてのゴルフの普及とゴルフを通して千代田区の在住・在勤者の健康増進と親睦交流」に向け取り組んでまいります。皆様方には、当協会の活動に一層のご理解とご支援を賜りますお願いいたします。